筋肉疲労しないために

健康おたくなら知られている
「筋肉疲労」しないために言われていることは。

1)まずは定期的に運動をし、健康な身体をつくる事

日頃から運動をすることで、丈夫で疲れにくい身体を作ることが出来ます。
疲れが溜まっても、回復が早いです。

 

2)運動前のウォーミングアップ

運動前には必ずストレッチなどをし、身体を温めましょう!怪我の防止にもなります。

 

3)運動後のクールダウン

疲労を軽減し怪我や故障を予防するためとても重要です。
クールダウンに最適な運動はストレッチや軽めのランニング!
血行を良くすることで乳酸を体内に拡散して疲労を和らげることができます。

 

4)十分な睡眠、休息をとる

疲れた時には7.5時間ほどしっかり睡眠をとりましょう。

 

5)湯船に浸かる

血行を促進することで、疲労回復が早くなります。
筋肉疲労を回復するストレッチ
激しい運動にともなう筋肉疲労には休息が必要ですが、
デスクワークなどの同じ姿勢を長時間続けたことで発生する筋肉疲労には、
軽い運動をしたほうが効果的です。

では、リンパケア整体師からのアドバイスです。

1)風呂上りのストレッチ、柔軟体操は、やめましょう。

インスタンコーヒーを作る時、水より、お湯の方がよく混ざりますよね。
温度が上がると分子の運動が激しくなるからです。
身体も同じです。外部から温められ毛穴が広がり肌の保湿量があがります。
しかし表面体温が下がりはじめると急激に水分が蒸発し筋肉の収縮がはじまり逆効果になります。
やるなら、入浴前にやることをおススメします。

 

2)強い引っ張るストレッチはしない。

筋膜だけが引っ張られて、筋肉が一体化せずパフォーマンスと可動域が下がります。

 

3)やさしく筋肉の走行に合わせて「なでる」

「なでる」だけで表皮下のファシアに間質液が流れ込み筋肉の弛緩(しかん)してゆるみます。

 

4)リンパケア体操でけが防止、筋肉疲労防止、回復促進

本ホームページ内にあるセルフケア法を参考してください。

 

もうセルフとか自分でやるのは面倒と思う方は

福岡リンパケア整体院」にご予約ください。