筋肉疲労とは?

ご利用ありがとうございます。
本日は、怪我でも病気でもなく、持病でもない
慢性疲労というわかでもないけど・・・

「筋肉疲労」についてです。
多くの「疲労回復」の原因となっている「筋肉疲労」について簡単に。

筋肉疲労とは

激しいスポーツ・立ち仕事やデスクワーク・育児や家事など
同じ動作を繰り返し行うと筋肉が疲れます。

また、運動習慣が少ない方が、普段以上にカラダを動かしたり、1日中動いたり、
急に運動をしたりすると、筋肉疲労が起こります。
筋肉が疲れる原因としては、現在では諸説あります。

「乳酸」原因説

運動中に起こる筋収縮により、筋肉への酸素供給は間に合わなくなります。
そのために、エネルギー源であるブドウ糖が不完全燃焼を起こすのです。
そのときに、「燃えカス」として乳酸が残ります。

そして、乳酸は筋肉中にたまり筋肉を収縮するのです。
筋肉が縮むと血行が悪くなり疲労を感じます。

「痛み物質」原因説

傷付いた筋繊維やその周辺組織が回復するときに炎症を起こし、
そのときに発生する痛み物質が筋肉をおおう
繊維体「筋膜(きんまく)」を刺激するためという説です。

筋肉疲労はなぜ起きるの?(メカニズム)
筋肉が収縮する時には、ブドウ糖と酸素が大量に必要になります。
エネルギーを作り出すアデノシン三リン酸(ATP)を再合成するために、
この2つの物質が欠かせないからです。

筋肉が収縮する時には、アクチンがミオシンと結合して動きますが、
この時にATPを必要とします。

このATPが不足するのが疲労の大きな原因です。

運動中にブドウ糖が不足すると、バックアップ機構が働くため、
肝臓に蓄えられていたグリコーゲンがブドウ糖になり、これを補給します。

しかし、この反応を行う時に酸素が不足していると、
グリコーゲンはブドウ糖ではなく乳酸に分解されてしまいます。

せっかく蓄えておいたエネルギーの素が無駄になってしまうのです。
それどころか、乳酸は筋肉を疲労させます。

このように糖質の供給、グリコーゲンの蓄積、グリコーゲン分解酵素、
酸素の供給などのどこかに障害があると、乳酸などの筋疲労物質が生じます。

そして筋疲労物質が排出されずに蓄積することで、
凝りや張り、痛みなどが生じます。

 

でお伝えしたいことは

簡単に言えば「細胞間の循環不良」ということです。
リンパケア整体は、「押さない、揉まない、ひっぱらない」を基本として
痛みを感じない範囲で表層と深層部の筋膜、筋肉にアプローチしていきます。

細胞間で酸素、栄養の吸収そして
酸化物と老廃物の輩出される時の圧差は微弱な差です。

だから「リンパケア整体」なのです。