リンパケア学

噛む力が加齢する

更新日:

噛む力が加齢する

咬む筋が加齢とともに収縮して硬くなり縮むのです。

 

収縮して硬くなった筋肉と身体の中の空洞の状態で決まりますが

噛む力が加齢すると

食事中でも顎が疲れ食べる気が無くなってきます。

しゃべることも苦になってきます。

 

噛む力は頭部ですから

口腔を空洞を保つ為に骨は円筒になろうとしています。

 

筋肉が緩めば赤ちゃんのようにまあるいほっぺになります。

 

今までの骨格矯正の人達の多くは骨をぐいぐい押されます。

 

引っ張られている骨が少しだけ力がニュートラルになり

骨が少しだけ動きます。

 

揉んだり押したりもしていますから筋は断裂し少し伸びます。

 

そんなことをしなくても

さとう式リンパケアで咬筋をゆるめてあげれば

引っ張られていた筋がゆるみさらに軽くサポートするだけで骨が動くのです。

 

強い咬筋が縮んで

頬が垂れ

シワができます

表情筋はあまり関係ありません。

 

リフトアップも咬筋をゆるめてあげるだけです。

-リンパケア学

Copyright© さとう式リンパケア福岡スクール , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.