さとう式リンパケア福岡では・・・

酸化とは

身体の中の酸化とは!

酸化とは酸素がつくことではなく(ここ大事)

電子をほかから奪うことです。

 

酸素は酸化作用が強いから

酸化という言葉が使われていますが

酸素がなくても電子をうばうことなんですね。

 

非常にややこしいです。

 

燃えるというのも酸化です。こ

の場合は酸素が炭素につきます。

 

炭素の電子を奪うことです。

それによってエネルギーを得ています。

 

人間の身体も酸化によってエネルギーを受けています。

 

生きるということは酸化するということです。

(なんかカッコいい言い方ですね!)

 

これとはべつに酸化物による酸化があります。

 

酸素そのものも酸化します(電子を奪います)

酸化の強い酸化物のことをフリーラジカルといいます。

 

エネルギー消費による酸化と

エネルギーを消費しない酸化があります。

 

エネルギー消費による酸化も酸化物を出し

多くの場合それがフリーラジカルとなり

エネルギーを消費しない酸化をおこします。

 

動物が酸素を必要としているのは

酸化のためなんですね。

 

ビタミンEなどは抗酸化剤なんですが

酸化されるとフリーラジカルとして働きます。

 

当然酸素そのものも

フリーラジカルでありエネルギー消費された

酸素もフリーラジカルです。

 

電子を奪う!

 

これが酸化なんですね。

 

鉄は酸化されるとボロボロになります。

 

血管も酸化されるとボロボロになります。

筋細胞も皮膚細胞も

ボロボロになってしまいます。

 

どこで何がどのように酸化をしているのでしょうか?

 

酸化→ばい菌を殺す消毒などはほとんどすべてが

ラジカルであり塩素、イソジン、過酸化水素水など

消毒薬としてつかわれているものは

 

ほとんどがラジカルで

ばい菌から電子を奪い細菌を殺します。

 

紫外線なんかも殺菌力が強いんですね。

血管内では赤血球によって酸素が捕らえられているので

酸素はラジカルとして働きにくいわけです。

 

また流れが非常に速いため

一緒に流れて行くものしか攻撃できないのです。

 

ではもっとも酸化がおこりやすいのはどこなんでしょうか?

 

血管から酸素が放出されたところ。

 

また細胞から老廃物(酸化物)が

放出された場所なんですね。それはどこか?

 

 

細胞間質なんです。

 

細胞間質

間質リンパ内の酸素や老廃物がラジカルとして

細胞から電子を奪います。

 

 

リンパ間質液が正常に流れていれば

 

細胞は間質リンパから酸素を受け取り

エネルギー変換しまた間質リンパに老廃物を流し

それを運んでくれます。

 

流れがあれば一緒にゆっくりと流れながら

ラジカルは流れているもの=異物を攻撃します。

 

問題は間質リンパの流れが少ないところなんですね。

 

ラジカルが細胞膜から電子を奪ってしまう=細胞を酸化させてしまうのです。
 

これが身体の中で起こっている「酸化」の実態です。

関連記事

▼施術ご予約カレンダー

福岡・今泉サロンでの施術をご希望の方は
1)ご希望の日をクリック
2)ご希望の時間をクリック
3)フォームに記入後「予約」をクリック

アカウント登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日 カレンダー ステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
サービスを選んでください
サービスの詳細

記事一覧

PAGE TOP