さとう式リンパケア福岡では・・・

自律神経にアプローチする呼吸法とは。

さとう式リンパケアでは
施術でもセルフケアでも

 

「意識した呼吸」をしてもらうことを大事にしています。

 

癒しを求め眠りたい気持ちになるのですが

呼吸をしてもらいます。(笑)

筋肉がゆるめば寝落ちOKです!

 

じゃ、どんな呼吸法が良いのですか?

とよく聞かれることの一つです。

 

まずは、どんな呼吸法でも良いと言っています。

 

呼吸を意識するだけでも

自律神経は安定し

息を吐く時に筋肉がゆるんでいきます。

 

一般的に吸気では交換神経

呼気では副交感神経優位になると言われています。

 

 

肺内の血管圧の問題だと言われています。

 

 

血管壁には圧受容器があり自律神経に影響を与えます。

 

ゆっくりと呼吸すると勝手に呼気が長くなるので

ある程度ゆっくり呼吸するだけで筋肉はゆるみやすくなるというわけです。

 

ここで呼吸法について

さとう式流で説明しますね。

さとう式リンパケアで推薦する呼吸法で、施術などでお願いしています。

 

一般的に良いとされている腹式呼吸は

胸郭を使わないので非常にもったいない呼吸法です。

腹式呼吸=お腹の筋肉を意識してお腹を膨らませたりペッタンコにすることを意識してする呼吸方法

 

胸式呼吸があまり良くないと言われているのは

吸気が優位になりやすいからです。

 

胸がふくらんだりしない呼吸はもったいないとの意味です。

 

胸は呼吸のためにあるので大きく広げて

呼吸機能をより活性化させることが理想です。

 

そこで

 

腔を広げるという意味でも胸を大きく広げ

さらに腹式呼吸によって下腹部を凹ませて

呼吸することを推奨しています。

 

胸骨を立てて

大きく胸で息を吸い込み

さらに上腹部まで広げます。

 

身体が筒状になることを意識し

肋骨下部はしめる様にします。

 

胸郭を広げたまま

下腹部から息をはき

お腹全体を凹ませます。

 

息を吐く時は腹筋に力がはいりますが

息を吐ききりさらに

 

腹筋の力を抜いて「フニャーン」と言いながら下腹部を凹ませます。

この呼吸法だけで

 

バストアップ・・・えっ!

ウエストダウン・・・えっ!

 

と変化します。お楽しみください!

 

この胸式呼吸と腹式呼吸の組み合わせが
実は「横隔膜」という大きな筋肉層を動かすことになります。

 

その動きの振動が
深層筋肉の緊張をゆるめてくれることにつながります。

呼吸は、私たちの「自立神経」にアプローチできる
数少ない方法です。

呼吸法、練習して習得してください!

 

関連記事

▼施術ご予約カレンダー

福岡・今泉サロンでの施術をご希望の方は
1)ご希望の日をクリック
2)ご希望の時間をクリック
3)フォームに記入後「予約」をクリック

アカウント登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日 カレンダー ステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
サービスを選んでください
サービスの詳細

記事一覧

PAGE TOP