組織の破壊と修復

例えとしてゴミ袋です。

 

硬くしばったゴミが詰まったゴミ袋を広げるのに

外力をあたえて ひっぱったら破れてしまいます。

 

筋肉の膜組織は非常にデリケートなものです。

 

そこに強い外圧がかかると

ゴミ袋のように簡単に破れてしまうのです。

 

そうすれば圧はとうぜん抜けることになります。

 

時間をかけて膜組織を

びりびりに破いているんです。

 

治癒がはじまれば血流は良くなります。

 

これで筋肉が柔らかくなったのを

「ほぐした」と表現していることも珍しくありません。

 

破壊と修復を繰り返せば組織はどんどん硬くなって

「ほぐれない」状態になります。

 

するとさらに強い外力をかけて 筋を「ほぐそうとする」

一時的に起こるのが

 

揉みかえしと言われるものです。

 

そして繰り返させると循環機能が低下していき

 

いろんな問題を誘発させていきます。