細胞のサポートCareという考え方

「Careという考え方」

さとう式リンパケアは

顎関節症治療のためにうまれました。

顎関節症では噛み合わせが悪くても良くても発症します。

顎関節症は筋線維痛症や慢性疲労症候群や

鬱とも関連があると言われています。

治療方法は確立されておらず。

様々なアプローチが行われているのが
歯科治療の現場のようです。

この顎関節症の緩和のために
顎の咬む筋肉(以下咀嚼筋)の

凝りや痛み(圧痛や自発痛)を研究してできたのが
さとう式リンパケアです。

最初はリンパマッサージだと思っていたそうです。

受動的ではなく能動的に
筋をゆるめ関節をゆるめ筋の機能を
改善していくものです。

ケアとマッサージは明らかに違います。

多くの場合医療では治療Cureがおこなわれますが

Careができていないと
悪化していく可能性があるようです。