流すのではなく流れる

さとう式リンパケアの手技の本質ではありませんが。

 

 

「緩まない」から 「柔らかくなる」 から「動く」 です。

 

 

そこに大きな意義があると思います。

 

「流す」のではなく 「流れる」

 

「揉みほぐす」のではなく

 

「勝手に緩んでいく」

 

 

これこそが

さとう式リンパケアの醍醐味です。