手かざしみたいに触れる

超微弱振動ならば

触るか触らない位ですね!?と聞きたくなりますね。

 

残念!

 

いいえ!しっかり触れることが大切です。

 

弱い刺激を与えるか与えないかではなく

 

弱い刺激をしっかりと

与えることが重要になってきます!

 

薄味と味が無いのでは全く意味が違います!

 

例えれば薄い味がしっかりついている

弱い刺激はしっかり伝わる必要があります。

大きな声で伝えれば、伝わるというものではありません。

小さな声でもしっかりと伝える

静かな部屋で伝えるとより明確に伝わります。

刺激はできるだけ弱く

 

できるだけ明確に伝えましょう。
難しいけど これが効果を倍増させる

 

最大のコツです。