常識にとらわれないケア

さとう式リンパケアは

一人の人間が

「どうして?」「なぜ?」

「やったいけいのなぜ?」と疑問を持ったことから~

誕生しました。

そうか指圧のように押すといいんだ~。

でも「押さなかったどうなる?」

押さないでやる方法はないの?と探究したら

「押さない」という法則が生まれました。

同じように

マッサージのように揉むといいんだ~。

でも揉まないとどうなるの?

ということで「揉まない」法則が生まれ

ストレッチがいいんだ~。

でもなんか違和感をかんじるなあ~

なんだ引っ張らなくてもいいんだ!と

「引っ張らない」法則が生まれました。

さらに

効果がでるために

何をすればいいの?

いつも常識をうたがっているので
常に進化している

それが
さとう式リンパケアです。

いつのまにディプロマ対象の講座も増え

私が学び始めたころから比べ

10倍ぐらいは増えた感じです。