同期・同調って何?セラピストの哲学

さとう式を受講した人が、とまどう言葉の一つ

「同期・同調させてください」

えっ・・・何それ

それではインターネットで調べると・・・

同期 (どうき) は、複数の事象(イベント)が同時に起こること。単に同時というだけでなく、以下のような意味あいがある。

  • 人為的な制御など、原因があって同時に起こっている(起こしている)。
  • それぞれの事象に協調性がある
  • 何度も繰り返される(必ずしも一定周期でなくてもいい)

synchronization の訳語で一般には同期と訳すが、同時性などの語で同時という語が使われる。同調という語が使われることもある。

簡単に書いていますね。

私は、講座の時の説明として

これは、振り子の現象とか

集団行動でみなれる現象で

それぞれが違う動きをしているけど

時間とともに、同じ動き そろってくる現象のことですよ。と言っています。

でも、さとう式では 相手と自分の二人だけ。

関係ないように感じます。

そう思った方は センスのある人ですね。

当然、私たちが推奨し実践している

さとう式リンパケア及びMRTは万能ではありません。

術者がゆるんでいない、もしくはクライアント様のメンタルブロックによって

効果が出ないこともあります。残念!

術者が自分をゆるめることでそれを示すことが先決ですが

相手がゆるまない場合はまだその時期にいない

もしくは信頼関係ができていない可能性が高いわけです。

深追いしないで、自分を高め、緩みやすいクライアント様

「希望」をもったクライアント様を探していきましょう!

またクライアント様に依存心がある場合。

最初は良くなりますがなかなか改善しません
ご本人が「希望」をもって取り組むことで

施術する側も「希望」を持ち

同じ価値観がうまれ飛躍的な効果をきっともたらします。

あなたは相手をなんとかしようとせず

「希望」をもって

施術やセルフケアに取り組み、自分を高めましょう!

自分を高めることによって

クライアント様や自分の周りが影響を受け成長し始めますよ。