リンパ液と体液

「血液は閉鎖循環」

「リンパ液細胞間駅は開放循環」

そもそもリンパ液とか体液の循環のことを

気にしている人はいませんよね。

リンパマッサージとかリンパドレナージュとか

流行で色々あるんだけど

そもそもリンパ液とか体液の循環のことを

わかっていない人が多いみたいです。

血液は血管から決して外に出ない閉鎖式の循環系で

心臓と動脈

静脈のポンプの力で動いています。

そして動脈と静脈はそのまま繋がっている。

「リンパに吸収されるのは1割で静脈に

吸収されるのが9割だから リンパなんて関係ない

静脈マッサージが重要」なんて言う人がいるけど・・・

そもそもこれらの循環は血栓ができなければ悪くはならない。

問題は動脈から出た

染み出したとうよりバラまかれた

体液=細胞間液=リンパ液となります。

リンパ液の定義がはっきりしていなそうです。

本当はリンパ管の中だけがリンパ液ではなく

細胞の間を流れる体液=細胞間液も含め

リンパ液は身体の隅々まで流れています。

細胞に栄養と酸素をあたえているます。

何からできているかというと血液からできている

赤血球を含まない液体です。

細胞間では細胞の動き(筋肉の動き)や重力によって

流れるだけで リンパ管の中にはいっても

リンパ管には殆ど筋肉はありません。

周りの筋の動きと弁の働きに よってながれていきます。

水分は静脈に再吸収されるが

老廃物 異物 酸化物 細菌 などは

リンパ管に流れ ところどころにリンパ節があって

そこで処理されながら

またこのリンパ節が関節周辺にあり

関節が動くことによってスポイトのようにポンプされる。

さとう式リンパケアでは便宜上

毛細血管が染み出た組織液、体液が

静脈、リンパ管に回収されるまでの存在している時

すべてを「リンパ間質液」と呼んでいます。

この名称が一般化されるといいな~。