コトバの力

例えば
いきない「やりなさい、動きなさい」という

命令をする前にすこし触れてあげる。

「少し動こうか!」と声をかけてあげる

「良くなったね!」って声をかけてふれてあげる。

「なにを口にするか」

食べ物や言葉で

その細胞やその人がどうなっていくかが決まってきます。

良くなるには

良いものを口にすること。

良い言葉を口にすること。

悪いもの

古くなったものを

排泄することです。

良いものも悪いものも

「話す」「離す」必要があります。

そうすることで放すことができ

整理ができ自然と流れが出来てくると思います。

さろう式リンパケアでは非常に大切にしていることです。