2017年インストラクターになること

「2017年さとう式インストラクターになるということ」

今年から全国各地で認定講師によるインストラクター養成講座が始まりました。

これは新しい次元にさとう式も入ったことを予兆させることです。

インスト養成

今までは考案者である佐藤青児先生が第一線に立ち集客から育成まで行っていました。

いよいよ先生も次のステージにチャレンジする感じです。

どんなことにチャレンジされるか私たち認定インストラクターにもわかりません。

でも最近のブログを読んでキーワードらしきものを感じます。

約1年半かけて「支持筋は屈筋」を「屈筋理論」として確立させシューマイスターシステムを構築し、またソックスを履くだけで屈筋が整っていくフレクサーソックスまで企画販売まで行いました。

さとう式の中で色んな事が加速化され佐藤先生の頭にある創造(非現実世界)が形に(現実化)なっている感じです。
「さとう式インストラクター」の概念が変わる時代に入った感じです。

具体的には今までインストラクターになるということは

1)講座を開講してビジネスを始められる
2)先生という社会的称号を得ることができ承認欲求を満たすことができる
3)さとう式という仲間を得られる
4)やりがいを感じながら自分のコミュニティーを作っていける
5)チャンスが増えスキルアップできる
6)色んな方々に出会い関係を深めることができ自己の人間力もアップできる

この6つのことだけでも、すごく素晴らしく感動ものと感じませんか?

それを踏まえて新しい価値として、私は

インストラクターになることは「自分の心と体をひとつにしていく」近道だということです。
さとう式の理論である「身体は腔で構成されている」の基本概念は円です。

まるなんです。

理想的な筒状の腔の状態を輪切りにしていくと「まる」なんです。

生きるということは波動であり振動の事です。

呼吸、心臓、血流いろんな事が振動しなくなると死んでしまいます。

そして腔、まるじゃないと共振しないんですよ。

腔がつぶれていると体のあらゆる生命の波動が共振しないし身体以外のことと共振しないんです。

言葉、家族、友人、人間関係も共振しなくなり反発しあってしまいます。

わたしたちインストラクターすべての人が、こんな考えでありません。
どう考えるかは自由です。

私たちは常に自由で自分で選択することができます。

佐藤先生の考えに偶然的に触れ「さとう式リンパケア」に興味を持たれた方々との出会いは本当に自分を成長させてくれます。

けして自分で求め探究しても得られないことを教えてくれます。

そんなきっかけをいただけるのも

さとう式リンパケアのインストラクターだからです。

大震災以降「さあー新しい時代だよ!」と世間では言われています。

具体的に自分は何をしたらいいのか、わかりません。

でも、わたしは「さとう式リンパケアのインストラクター」です。
「誰でも自分で自分の身体を良くしていく方向に舵を取る方法を知っています。」

「自分の家族や周りの方々を笑顔にしていくお手伝いをする方法を知っています。」

「小さなビジネスですが自己表現できストレスフリーへの生き方を選択できる方法を知っています。」

人は瞬間に変わり新しい人生を生きることも可能だそうです。

その一歩は「選択する勇気」だと思います。

8月3日より5か月間にわたり九州・福岡でインストラクター養成講座を開講します。

今何をしたらいいか日々迷っている方

さとう式の魅力に心が引かれている方

さとう式ビジネスに関心がある方

関心はあるけで受講条件を満たしていない方もご相談ください。

一緒に学んでください。8月~12月の5ヵ月間。

さとう式リンパケア インストラクター養成講座8月3日開講受付は

http://www.lymphcare.org/event-detail.php?id=64086

 

最後まで ありがとうございました。

福岡認定インストラクター 柴田 政道

2017-07-14 | Posted in 講座No Comments » 

関連記事

Comment





Comment